ホーム>低用量ピル(OC)の効果、副作用

低用量ピル(OC)の効果、副作用

低用量ピル

低用量ピルとは毎日服用するだけでほぼ100%避妊できる避妊薬です。服用する事で生理を止め、ホルモンを調整し、生理不順、生理痛も改善させます。更に子宮癌のリスクを減らす効果もあります。

低用量ピルの種類

ピルには一相性、二相性、三相性、と3種類あり、ホルモンの量の違いで区別されてます。それは体質により薬の効きは変わってくるためです。また若干ですが個人差というものもあります。少しでも個人個人の差をなくすため、自然なホルモンバランスに近づけるために3種類に分けられているのです。体内のバランスが自然になる事で不正出血を起こり難くさせます。自分の体質にあったピルを使用するようにしましょう。

一相性

一相性ピルは初心者の人にはあまり向いていないタイプの中高用量ピルです。生理日の調整に便利な事から玄人好みと言ったところです。避妊効果がより高いと考えている方もいます。欧米ではシェア率は50%以上の方が使用しているようです。マーベロンは一相性タイプです。

二相性

ホルモン成分が2段階に変化するのが二相性ピルです。二相性、三相性ピルを段階型ピルと呼びます。日本では認可されている低用量ピルの中ではエリオットです。馴染みの薄いタイプです。

三相性

ホルモンが三段階に変化するタイプです。もっとも自然なホルモンの変化になると言われていますが、製品により段階の変化のさせ方が若干違ってくる場合があるので体質に合う、合わないがあります。トリキュラーは三相性タイプの低用量ピルです。

低用量ピルの効果

喜ぶ女性

低用量ピルには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが含まれています。この2つのホルモンの働きにより身体が妊娠したと錯覚し、排卵を促すホルモンの分泌が抑制され排卵が止まるという仕組みになっています。排卵が止まる事で、避妊、または排卵にともなう生理のトラブルに効果を発揮します。そして、何よりも一番の効果は避妊です。正しく定期的に服用する事で排卵が抑制されるので、ほぼ、完全な避妊をする事ができます。

避妊以外の効果

・生理痛を軽くする
・月経困難症の症状を軽減
・生理の出血を少なくする
・子宮内膜症を予防
・卵巣癌のリスクを下げる
・子宮体癌のリスクを下げる
・ニキビを改善する

低用量ピルの副作用

低用量ピルには基本的に含まれている成分はわずかなために大きな副作用は滅多にみられません。以下が報告されている副作用です。
・頭痛
・吐き気
・乳房の張り
・腰痛
・うつ

低用量ピルの飲み方

バンザイする女性

生理開始日から決められた順番に服用します。ここで大切な事は同じ時間に必ず服用する事が大切です。そして21錠タイプと28錠タイプと2種類あります。これは21錠タイプのピルは休薬日7日を入れて毎日飲むタイプです。28錠タイプは偽薬が7錠ありますが、この偽薬が休薬日となります。1シートを飲み終えたら新しいシートを使用します。忘れやすい人は28錠タイプがお勧めです

以下、服用手順です。
・生理開始日から飲み始める
・毎日1錠ずつ飲む
・21日間飲み続けた後、7日間服用を休む
飲み忘れが多い人は28錠タイプを使用するか、また携帯のアラームに薬を飲む時間を予約登録しておけばアラームが鳴り教えてくれるので忘れを防止できます。

低用量ピルの値段

病院での処方となると1シート(1か月分)平均で3500円程度となります。1日あたり100円前後です。薬代の他、初回は診察料が約1000円程度かかります、通販で低容量ピルを購入する場合は、例えば、トリキュラーだと1シート21日分で1600円、1日辺り75円しか掛かりません。しかもまとめて購入する事で1日辺り35円程度まで安くする事ができます。マーベロンだと一番、最安値で1日辺り50円程度まで通販だと安くする事ができます。

低用量ピルを通販で購入

携帯を操作する女性

通販で購入する方が費用は最大限に抑える事ができます。しかも病院で処方となると病院の予約を取らないいけなません、もし予約が取れたとしても診察時間内の通院となるので仕事をしている人にとっては時間を工面するのはなかなか大変だと思います。そういう人は通販を利用した方がいいでしょう。

ちゃんとした専門の人に診てもらいたいという人は産婦人科、または病院で診察してもらいましょう。一度診察し処方してもらった薬を次回から通販で購入するという手段もあります。通販を有効活用するようにしましょう。ピルにも色々な種類があります。自分に適した薬、適さない薬など様々です。通販でしたらジェネリックも含めて数多くの低用量ピル、アフターピルと揃っています。口コミや体験談などを参考にするのもいいでしょう。自分に合ったものを探しましょう。お守りとして低用量ピル、アフターピルを購入しておくのもいいでしょう。

アフターピル