ホーム>避妊薬の購入方法

避妊薬の購入方法

困った女性

避妊薬はドラッグストアや薬局では購入する事ができません。購入するには病院、または産婦人科で処方してもらうか、通販での購入の2つの方法しかありません。できればパパッと薬局で購入できればいいなと思っている人はいるかとは思いますが、残念ながら薬局やドラッグストアでは避妊薬を市販されていません。避妊薬は、日本では処方箋が必要な医薬品に指定されているので原則として医師の処方のもとに服用する決まりとなっている為です。

しかし、通販で購入する場合は医師の処方箋なしに購入する事ができます。そしてインターネット通販なのでいつでも気楽に購入できるので時間のない人にはとても簡単に購入する事ができ、そして誰にも知られずに購入できるというのもお勧めです。こういう事はデリケートな問題です。なるべく知られたくはないものです。

避妊薬の病院処方

カルテを見る医者

アフターピル低用量ピルの病院での処方となると自由診療の為に価格が一定ではありません。そして診察料も掛かってしまいます。病院で処方となると大体のピルの値段は診察料を含め、約2000円~3000円(1ヶ月分)となります。アフターピルのノルレボは高額で、1錠15000円前後もするお薬です。

もちろん時間に余裕のある人にとっては病院で処方してもらう方が色々と安心だとは思いますが、仕事をしている人にとっては診察の予約を取る事でさえ難しいかと思います。そういった時間の無い人には通販を利用する事をお勧めします。また病院、産婦人科に通院する事に抵抗があるような人も通販で購入した方がいいでしょう。

避妊薬は通販がお買い得

オンラインショッピング

通販でしたら、いつでもどこでも注文する事ができます。例えば通勤の途中に、仕事の休憩中、帰宅途中などです。時間の無い現代社会において、病院に通院する時間さえも惜しいものです。また通販でしたら病院や産婦人科では処方してもらえないジェネリックなども購入する事ができます。アフターピルのジェネリックのアイピル、低用量ピルのトリキュラーマーベロンといった避妊薬を購入する事で更に費用を抑える事ができます。24時間、どこにいても注文できるので手間もかかりません。備えあれば憂いなしです。いつ何が起きてもいいように、その為にも確実に準備しておきたいものです。

また、価格も通販の方が安く、診察代もかかりません。とくにアフターピルは15000円前後もする高額な薬ですが、通販でしたらノルレボのジェネリックが約1000円と、10分の1の価格で購入する事ができます。安く購入したい方は通販を利用しましょう。

もし、避妊薬を使用する事に不安があるという人がいれば一度、産婦人科、病院を受診し、そして次回からは通販を利用するという方法もあります。もしもの時のためにアフターピルを事前購入する事も出来ます。

通販で購入する場合、難しい事はなく、普通の通販と同じような方法で購入する事ができます。欲しい商品を選んで配送先の住所を入力し、決済方法を選ぶだけです。誰にも会わずに簡単に購入する事ができます。郵便局留めにできるサイトも多いので、家族に知られてしまう心配もありません。安く簡単に購入したい方は、通販を利用しましょう。

アフターピル